読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青少年インターネット環境整備法

青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境の整備等に関する法律。

・携帯電話事業者は、18歳未満の青少年の使用者に対しては、フィルタリングの利用を条件として、インターネット接続サービスを提供しなければならない

・フィルタリングの提供は、保護者の申し出があれば解除することができる

・保護者は、携帯電話を18歳未満の青少年が使用する場合には、そのことを携帯電話事業者に申し出る義務がある

Webサーバの管理者には、自らのサーバから18歳未満の青少年にとって有害な情報発信があった場合、青少年が閲覧できないような措置をとる努力義務がある

・有害情報とは、わいせつ関連の情報のほか、殺人、処刑、虐待等の場面の陰惨な描写その他の著しく残虐な内容の情報も含まれる