読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ストレッチとは、筋肉を伸ばして刺激し、筋肉を長くすること

筋肉が伸びるというが、正確には「ゴムが伸びる」とは少し意味が違う。筋肉は筋繊維を束ねたもので、その筋繊維は無数の筋原繊維からなっている。この筋原繊維は筋節という収縮装置を並べたもの。筋肉の最小単位である筋節は継続して刺激することで数が増える。数が増えると筋肉は長くなり、結果的に柔軟性が上がる。

柔軟性があるとは、筋肉が長くなっていてストレスが軽減されていること

筋肉というのは全て骨と骨の間についている。筋肉の長さが短ければ骨と骨の間隔が短くなり、関節にストレスがかかってくる。

筋肉が短いと力で関節が引っ張られて動きにくくなる。逆に筋肉が長ければ関節の動く範囲は広がる。

静的ストレッチとは、筋肉を長くして柔軟性を上げるもの。反動をつけずに筋肉をじっくり伸ばす。

動的ストレッチとは、関節を繰り返し動かすことで、筋肉の身長と収縮を行うこと。こうすることで血行がよくなり筋温が上がり関節の可動域が徐々に広がっていく。