守備の進化がサッカーを退屈にするのか?

サッカーの進化は守備戦術の進化である。

スーパースターによる華麗なシュートをいかに防ぐか。いかにして一試合当たりの失点を減らすのか。その目的を達成するために守備戦術は進化してきた。

例をあげれば、1980年代のACミランのゾーンディフェンスの導入。

チームの組織的な守備戦術は画期的なものであったという。今では常識であるかのように世界中に浸透した。つまり、全体の守備の能力値が底上げしたとも言える。

では、その守備戦術をかいくぐり、得点するにはどうすれば良いのか?

具体的には、

・個の能力(一対一の優位性、インテンシティの強度)

・攻守の切り替えの速さ

・味方とのコンビネーション(ゴールライン近くまで切り込んでからマイナス方向へ戻すクロス、ワンタッチパスの連続による中央突破、相手守備陣をひきつけてからのサイドチェンジ)