読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北欧型、「考える」教育とは

講義型ティーチングから対話型ファシリテーションへの発想の転換。

教師の役割を変える必要がある。チームで答えを導き出し、一つに絞って実行する司会者ような役割が求められる。

文科省の全国一律の指導要領からの自由にすること。

教育バウチャー制度の導入

親に教育バウチャー(使用目的を教育に限定した引換券)を交付して、親が自由に学校を選択できるようにする。現行の制度のように、文科省が学校に定額の交付金を出すのではなく、学校を競争にさらす。学校は集まったクーポンの額に応じた補助金を受け取る仕組みにすれば、選ばれなければ学校経営が成り立たないため、一気に改革が進む。