読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オランダの農業

オランダは、世界2位の農産物輸出国。

国土面積は日本の九州ほどで、農地面積はオランダが190万haで日本がその約2.5 倍の456万ha。

農業就業人口はオランダは20万人ほどだが、日本は約227万人もいる。

1986年、EC(欧州共同体)にポルトガルやスペインが加盟した際、安価な外国産の野菜が多く流入し、オランダの農業が壊滅的な状況に陥った。

日本でいうJA全中に匹敵する公的機関であったDLVを民営化した。2010年には経済省と農業・自然・食品安全省が統合され、新しい「経済省」を作り、農業は経済であり、産業の一部であると位置付けたのだ。

特定の農産物に特化し、新たな価値創造を重視するクオリティ型で、小さい土地ながら生産性を高め、最適生産をするようになった。