マイナンバー ブロックチェーン


マイナンバーのセキュリティ開発に、開発アルゴリズムなどもすべて公開されているブロックチェーンの仕組みを活用することはできないか?

ブロックチェーンは、現在ビットコインなどの仮想通貨に利用されている仕組みで、分散型のコンピューターネットワーク。

利用者全員が、取引の全履歴情報を相互に監視し、信頼を担保。買い手と売り手が直接取引を行うことを可能にし、管理運営コストを抑えることができる。今までは、銀行などの中央組織に対する信頼自体が通貨取引の信頼になっていた。けれどブロックチェーンを使うと、集権的な中央組織は必要なくなる。“誰から誰にいくら送金されたか”“どういった取引があったのか”といった全履歴情報が世界中に公開されているため、誰かが不正を企てれば、第三者となる世界中の利用者によって、すぐに発覚するからだ。
取引の全履歴情報は、世界中の利用者のパソコンに分散して存在しているため、従来の銀行のような、特定の箇所がハッキングされると甚大な被害が生じるリスクがない。

しかし、現時点では盗難リスクなど、安全面での不安も残り、技術的に改善の必要性があることも事実だ。