野球肘・肩 必要な医学的アプローチ

高校生以上になってから初めて肘を痛める確率は低い。

実際は、小学生のときに痛めていたものが、高校生以上の大人の体になったときに再発するのだ。子どもの頃は出せる力が低いので、痛めても、少し黙っていれば治ってしまうように見える。そのときには肘の筋や腱に異変が起きている。大人になって筋力が上がり出力が上がるにつれ再発してしまう。

大人の骨は成長が止まって硬くなっているが、成長中である子どもの骨の端の辺りは柔らかい軟骨でできている。この付近に、投球のときに負担のかかる靭帯が一緒に付いていることだ。柔らかい組織に負担がかかるので、どうしても子どもは肘を痛めやすい。