読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MNO とMVNO

今の通信業界は、MNO(Mobile Network Operator=移動体回線網を自社で保有し通信サービスを提供する事業者)であるNTTドコモKDDIソフトバンクによる“協調的寡占”の状態にある。MNOからネットワークを借りて、ユーザーにサービスを提供するのがMVNO。MVNOを推進する一番の狙いは、料金の低廉化を進めてること。IoT(Internet of Things)やM2M(Machine to Machine)に電波を使うサービスを普及させるという狙いもある。