読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RFID

バーコードの置き換え技術ではなく、これからのサプライチェーンを握るキー技術になると期待される。
あらゆるモノにRFIDタグが取り付けられ、世界中のあらゆるモノが一意に識別可能になる。工場出荷時から、流通業者、小売店を経て、消費者の手に渡るまで同じIDが引き継がれ、各流通段階でインターネット上のデータベースに蓄積されたメタデータとの照合が行える。

しかし、現段階ではRFIDはタグやリーダの価格が思っていたほど下がらず、またプライバシー的な問題への懸念も少なくなかったことから、当初関係者が思い描いたほど広く普及するには至っていない。

商品のタグにチップが埋め込まれていて微弱の電波をセンサーが受信し、商品情報が一瞬のうちに端末に届き合計額が出てくる。将来的にはスマホ等での支払い機能と連動させればレジを通過せず、ノンストップで買い物の清算をすることすら可能になる。未精算の商品は店の出入り口のセンサーが反応するため万引きが出来なくなる。
店側はレジのスペースがいらないか、極めて省スペースで展開することが可能になる。店のスペースをもっと有効的に使うことが可能。
試着はするけど買わないアイテムが分かるなどきめ細やかな商品管理が可能になります。また、決算時の在庫管理も瞬時に終わらせることが可能になる。