Jリーグは投資対象になるか

外資規制が国外からの投資を阻んでいるという現実がある。クラブの株の51%を所有するには、日本国籍を有する個人または企業である必要がある(日本法人を設立すれば条件をクリアできる)。こうした規制のなか、2014年、マンチェスター・Cなどを傘下にもつシティフットボールグループ(CFG)が横浜F・マリノスに19.95%の出資を行いましたが、現段階ではあくまで限定的、例外的なケース。