読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

建設業界が陥る悪循環

問題の根幹は多重下請け構造にある。大手ゼネコンが、現場の労働者を直接雇用せずに下請けに出し、それを受けた下請け業者はまた別の零細業者に下請けに出す。人件費削減により、待遇の悪化、人手不足化が現場の負担を生み、それが更に人手不足に繋がっている。地方都市では、人手不足が原因で新しいビルが建てられていない。

閉鎖的な市場では今後の大幅な市場縮小は当然で、再開発、マンションやホテル建設、オリンピック施設なども2020年前後で落ち着いてしまうはず。需要の増減に対応するには、ベトナムやアジアの建設会社を買収するなりして、日本と海外市場全体で売上のバランスをとるしかないのか。これはゼネコン(総合建設会社)の生産調整と消費税増税による住宅着工の落ち込みが主な要因で、根本的な問題が解消されたわけではない。

根本的な解決策として、この分野でのテクノロジーによる改革、ロボットまたは3Dプリンターなど、は可能か?