鉄道の問題点 そして、LTR

鉄道が低利便・高コストで消費者に選考されない大きな原因は、運転士の免許­制度が厳し過ぎて無用に高コストになっていること。

鉄道の自動運転化が進むことで、自動車でいうカーシェアリングのように、シェアすることは可能だろうか?

駅ナカビジネス→改札の中は利権化している。セブンイレブンなどは作れないのか?

 

LRT」(Light rail transit、低床式車両を活用した交通システム)についても考えたい。

LRT」とは一般的な鉄道よりは小さいものの、バスよりは大きい「軽量級の輸送力」を持つ交通機関のこと。

LTRのメリットは、

・運転間隔を詰められること(普通は複線だから)。駅からバスの運転間隔を詰めたり、レンタサイクルやカーシェアと繋げられる。また、路面電車LRT)と路線バスを完全に連携させ、待ち時間少なく広範囲な移動ができるようにする(田舎の電車が利用されなくなるのは運転間隔が長いから)。赤字ローカル線を再生するには、運転間隔を短くしバスの待ち時間を少なくしたり、時間帯によってプライシングを変える(乗車率が低い時間帯は値段を安くするなど)工夫が必要。自家用車よりも利便性が高い公共交通機関になれば収益を充分に得られる。