フィボナッチ数列

0,1,1,2,3,5,8,13,21,34,55,89,144,233,377,・・・

最初の項は0,1と定義され、以降どの項も直前の2つの項の和となっている数列。

これは、12〜13世紀のイタリアの数学者レオナルド・フィリオ・ボナッチが考えた。